ともえ鍼灸整骨院 トップページ > 治療について(交通事故 後遺障害)

治療について(交通事故 後遺障害)

交通事故 後遺障害

交通事故イラスト

交通事故というものは、ご自身がどれだけ慎重に過ごしていても、遭ってしまう可能性があります。また、交通事故は、一度に受けるダメージが大きく、後々まで身体に支障をきたすケースが少なくありません。むち打ちなどの、一見して分かりづらい症状は、放置しておくと日常生活が送れなくなるほどの状態に発展するケースも決して少なくありません。 交通事故治療では、特に早期の治療開始が痛みの慢性化を防ぎます。万が一交通事故に遭ってしまったら、または予後が悪くて身体がつらいと感じたら、大切なご家族・お友達・お知り合いが交通事故の後遺症で苦しんでいたら、ともえ鍼灸整骨院へご相談ください。

  • ともえ鍼灸整骨院は、厚生労働省から認可されている医療機関です。
  • 交通事故後のむち打ち(ムチウチ)やしびれ、腰痛など
    他院でただ電気をかけてシップを貼るだけで治らない方、当院では根本から症状を改善します。
  • 静岡県内の病院(整形外科、整骨院、接骨院、鍼灸院)に通院されている方の転院も可能です。
  • 患者様の窓口負担なし。治療費0円(過失割合によって違います場合もあります。)
  • 午後8時まで受付しています。

もし、交通事故に遭ってしまったら・・・

下記にあげる対応手順は、一般的な例です。
事故の状況などによっては手順が前後する場合もありますので、必ず当事者の安全を最優先してください。

1.加害者を特定する。

加害者がその場にいる場合、免許証の確認・内容を控えて住所、電話番号の確認、
また事故車両のナンバーを控えます。

↓

2.事故状況・現場を記録します。

事故の日時や事故の状況を書き留めておいてください。
また、可能であれば写真もとっておいてください。

↓

3.警察への届出を行います。

どんなに些細な事故でも、その場で警察に連絡をしてください。
保険の手続きなどには、「交通事故証明」が必ず必要です。
また、そのときは大丈夫でも、後ほど痛みが発症する場合が多々あります。
人身事故である以上は(それ以外も)、必ず警察の立会いの下、なるべくその場で処理してください。

↓

4.医療機関の診断を受けてください。

交通事故で受けた損傷は、症状が発症するのが遅れる場合が多々あります。
例え症状が確認できなくても、医療機関や整骨院(接骨院)での診察を受けてください。
また、医療機関や接骨院にて診断書を発行してもらってください。
人身事故では、診断書の提出が必要となります。
その段階で、自賠責保険の治療費の請求が可能になるからです。
※窓口負担はありません。

↓

5.保険会社への事故報告

自己加入の自動車保険会社へ自己の連絡をします。

↓

6.被害者の代理人(保険会社)より連絡が来たら

保険会社から連絡がきたら、医療機関や整骨院(接骨院)に通院することを伝えてください。
通院する医療機関は、患者様が決めることが出来ます。

ともえ鍼灸整骨院

〒424-0663
静岡市清水区能島195-8
TEL.054-346-5711(FAX共通)

休院日/土曜日 午後、日曜、祝日

受付時間 日祝
午前 8:30〜12:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
午後 2:30〜7:00 ○ ○ ○ ○ ○ × ×
午後 7:00〜8:00 △ △ △ △ △ × ×

△は予約制となります。

地域医療機関との連携による“早期発見・早期治療”を目指します。

当院に通院されているお年寄りの方など、定期的な治療を通して身体の変化を発見し、骨折、脱臼など当院での適応範囲外の疾患の疑いがある場合、当院より信頼できる病院施設をご紹介いたします。また、診断後は当院にて引き続き治療を行なうことも可能です。

お気軽にご相談ください。TEL 054-346-5711 ※鍼灸治療は必ずご予約ください。

個室の治療室を完備

個室の治療室イメージ
プライベートを重視されたい方、お子様連れの方にお勧めです。

子供も安心キッズ治療

キッズ治療イメージ
子供さん一人ひとりの状態を正確に把握し、体力や成長に合った治療を施します。

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングイメージ
体幹トレーニングを中心としたマンツーマンの指導によって、理想的な身体の状態を目指します。

各種保険取り扱い

治療を自己負担が少なく受けることが可能できます。また交通事故のリハビリにも保険が適応できます。詳しくはお尋ね下さい。

各種保険、労災取扱 交通事故治療

スタッフブログ新着記事

SCHS陸上クラブ
SCHS陸上クラブ

少年・少女サッカースクール efukuro
サッカースクール「エフクロ」

このページの先頭へ戻る